ステンレス鋼(SUS)の販売について

ステンレス鋼(SUS)の販売はお任せください。

ステンレス鋼(SUS)について

クロム・ニッケルの合金で錆びにくい鋼、それがステンレス鋼です。
JISにおいてSUSの略号が用いられるため「サス」と呼ばれることもあります。
ステンレス鋼(SUS)にはその使用用途に応じた、さまざまな鋼種、形状が存在し
あらゆる精密部品、ボルト、ナット等に用いられております。

販売の流れ

主力製品であるステンレス・特殊棒鋼をはじめ、弊社の製品には、優れた品質で知られる
愛知製鋼株式会社の材料をメインに各社の逸材を使用し、お客様のニーズにお答えする為
鋼材販売から加工、完成品に至るまで取り扱っております。
松井鋼材では製品のお打ち合わせ完了後、熟練のスタッフが最新の設備を用いて作業を行います。そして厳しいチェック後、出荷となります。大まかではありますが、これが販売の流れです。

取扱い商品(主力商品抜粋)

SUS304

ステンレス鋼として最も広く用いられています。用途は、化学工場設備、建築材料、食品製造設備、製紙工業、車両工業、厨房器具などです。弊社では未焼鈍品(マルR)も取り扱っております。

SUS316

304に対しMo添加により耐食性(孔食)、耐酸性が良好であるとともに高温強度が大です。

SUS316L

316Lは極低炭素などで、耐粒界腐食性をもたせたものです。
用途は石油化学工業、染色工場、繊維工業、食品工業などです。

SUS303

S、Pの添加により被削性を向上したもの。
用途は、自動旋削される部品、シャフト、ボルト、ナットなどです。

SUS403

13Cr鋼で幅広く使用される。熱処理により、高硬度が得られます。
用途はバルブ、ポンプシャフト、刃物、ボルト、ナット、蒸気タービン翼ジェットエンジン部品などです。 

その他の取り扱い鋼種→ 在庫表

取扱い商品の表面仕様

ピーリング(ステンレス丸鋼)

ピーリング(PM)といった別称があります。表面を削り、美しい光沢になるよう加工します。
表面径公差は通常プラス目に仕上がっております。

酸洗(ステンレス丸鋼)

酸洗することにより、表面はつやの無い白っぽい色へと変わります。
ピーリングと同様に主製品の一つです。表面径公差は通常マイナス目に仕上がっております。

ミガキ(ステンレス丸鋼)

冷間引抜の略称です。ダイスを通して冷間引抜加工したものです。
表面は光沢があり、表面径公差は通常h9級公差となっております。

ご検討中のお客様へ

ステンレス鋼(SUS)に関する悩み・疑問等ございましたら、どのようなことでもお気軽にお問い合わせくださいませ。

ステンレス鋼の加工 ステンレス鋼の販売